記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】アゴの高いバンカーは最初から左足体重で構える (1/2ページ)

★宮里聖志(1)

 ノーマルのバンカーでもどう脱出したらいいか悩むのに、アゴが高いともうお手上げ。何度打っても脱出できず、最後にはホームランというシーンも時々見かけます。

 たしかに写真〔1〕のようなアゴの高いバンカーは、その分、高く球を上げなければいけないので厄介です。

 しかし、アゴの近くにボールが止まっているのでなければ、脱出することはそう難しいことではありません。いざというときに慌てることがないように、球が高く上がるバンカーショットの基本をマスターしておきましょう。

 まず大事なのは、フェースを開くことです(〔2〕)。スクエアに構えているとヘッドが砂に潜りやすくなってしまいます。その結果、ボールの下の砂を爆発させることができなくなって、ボールを上げることができなくなります。

 また、フェースを開くことによってバンスも使いやすくなります。バンスというソールの出っ張りがあり、ヘッドが砂の中に潜るのを防いでくれる役目を果たしてくれることは皆さんもご存じの通り。せっかくのバンスを生かすためにも、フェースを開くというのは大事なことなのです。

 次に重要なポイントとなるのは、体重配分です。通常のショットでは左右均等に体重を掛けていると思いますが、バンカーショットでは左足体重で構えます(〔3〕)。

関連ニュース