記事詳細

清宮、1年目で“野球殿堂入り” 初心を思い起こさせる刺激剤になれば万々歳

 現在、特別展「高校野球100回目の夏」を開催している東京ドーム内の野球殿堂博物館。23日から早実・清宮幸太郎(現日本ハム、写真)の甲子園球場での第1号ホームラン(第97回大会の3回戦=15年8月15日の東海大甲府戦)のバットとボールを追加展示する。

 ゴールデンルーキーとしてドラフト1位で日本ハム入りした今季は、二軍でホームランを量産、本塁打ダービーのトップを快走。が、一軍の試合では悪戦苦闘中だ。

 といっても、プロ入りに際して「早実の大先輩、王さんの868本塁打超えを将来の目標にしたい」とぶち上げた、世界の王貞治超え宣言は簡単には取り消せない。

 今回の甲子園第1号ホームランバットとボールの野球殿堂入りは、初心を思い起こさせる刺激剤になれば、万々歳だが。

関連ニュース