記事詳細

森保ジャパン、26日正式誕生

 日本サッカー協会は26日に都内で開く理事会で、日本代表の次期監督に東京五輪男子代表を率いる森保一氏(49)を承認する。五輪監督との兼任で、2000年シドニー五輪と02年ワールドカップ(W杯)日韓大会で指揮を執ったフィリップ・トルシエ氏以来の大役を託す。

 日本を16強に導いたW杯ロシア大会限りで退任する意思を固めていた西野朗監督(63)の後任としてJ1を3度制した実績があり、W杯では西野氏をコーチで支えた森保氏を選んだ。

 日本がW杯に初出場した1998年フランス大会以降、暫定的な指揮を除くと日本人の代表監督は西野氏と岡田武史氏の2人だけ。いずれも途中登板で、W杯後の新チーム立ち上げ時に就くのは初めてとなる。

関連ニュース