記事詳細

巨人はなぜ弱くなったのか? 3安打完封の小笠原ら、中日ナインに聞いてみた (1/2ページ)

 巨人の転落が止まらない。7連勝で急上昇したと思ったら、今月20日の広島戦以降6連敗。27日の中日戦(東京ドーム)には山口俊投手のノーヒットノーランと、育成選手契約から支配下登録されたばかりのホルヘ・マルティネス内野手(25)の来日初打席初本塁打で快勝したが、翌28日から再び連敗し、最下位の中日相手に今季初めて同一カードで負け越した(通算9勝5敗)。

 巨人はなぜかくも弱くなってしまったのか。28日の対戦で巨人打線を3安打に抑えプロ初完封を飾った小笠原慎之介投手(20)ら竜ナインに聞いた。

 東海大相模高の先輩である菅野に通算3度目の先発対決で初めて勝った小笠原。5月11日の前回対戦では7回3失点で、同じ菅野に投げ負けていた。前回と今回の大きな違いは、29日現在、打率・328(リーグ2位)、56打点(同3位)、13本塁打を誇り、中日戦に限ると打率・364に跳ね上がる坂本勇人内野手(29)が、今月17日に左脇腹肉離れで出場選手登録を抹消され不在だったことだ。

 「坂本さんは引っ張るし、右にも大きいのが打てる。大きな穴がないし、打ったらチームが乗ってしまうんですよね。坂本さんが打つと、その前後の打者も活発になる。そこが相手にとっては嫌らしい。正直、坂本さんがいるとマウンドでの気遣いは2-3倍増しです」と小笠原。

関連ニュース