記事詳細

巨人、育成の松原と支配下契約「金城コーチを超えられるような選手になりたい」

 巨人は30日、育成選手の松原聖弥外野手(23)と支配下選手契約を結んだと発表した。年俸420万円で背番号は59。松原は「足を生かした守備と走塁で1軍に食い込んでいきたい」と力強く抱負を語った。

 宮城・仙台育英高時代はレギュラーになったことがなく、明星大を経て2017年に育成ドラフト5位で入団。憧れの選手だった2軍の金城外野守備走塁コーチと個人練習をするなど努力し、支配下をつかんだ。「金城コーチを超えられるような選手になりたい」と目を輝かせた。(金額は推定)