記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】「駆け込みトレード」日米ではスケールに大差 米はシーズン中の“大物”選手移籍も…日本球界に求められる「移籍の活性化」

 プロ野球の補強期間が7月31日に終了。7月に入ってから、日本ハム・岡外野手とロッテ・藤岡投手の交換など5件の駆け込みトレードが成立したが、米大リーグとはスケールが違う。

 大谷翔平が所属するエンゼルスは、正捕手のマルドナドをアストロズに放出したのに続き、ベテラン二塁手・キンズラーをレッドソックスにトレード。マイナー投手2人を獲得した。

 アストロズ、レッドソックスなどポストシーズンゲームを視野に入れる球団は即戦力を補強。対照的に来季をにらんだエンゼルスなどは有望な若手を獲得する。この時期のメジャーでは常識でファンも納得している。

 日本では労組・プロ野球選手会(炭谷会長=西武)が「移籍の活性化」を日本野球機構側に要望しているものの、シーズン中に大物選手がトレードされることはなく、小粒な選手同士の交換で終わってしまう。何でもメジャー流を崇拝するのは大間違いだが、球団、選手、ファンが一致して考え方を変え、シーズン中のトレードに踏み出すことが、日本球界活性化には必要不可欠だろう。(江尻良文)

関連ニュース