記事詳細

【一番近くで見た 西武ライオンズ40年】鳳蘭が取り持つ縁で“取材NG”田淵幸一氏と親密に…「正式発表まで黙っててくれよ」 (1/2ページ)

★(6)

 1978年オフ、西武が福岡を本拠地としていたクラウンライターライオンズを買収し、埼玉に「西武ライオンズ」が誕生してから今年で40周年。リーグ優勝16回、日本一10回の栄光もさることながら、個性的で愉快な面々が球団史を紡いできた。長年に渡り専属リポーター、コメンテーターを務め、表も裏も知り尽くす中川充四郎氏(67)が、取っておきの秘話を公開。

 現在はそうでもないが、ひと昔前のスーパースターへの取材は難しいといわれていた。だから、個人取材で言葉を引き出せると「特ダネ」扱いになったものだ。

 ラジオの仕事を始めて間もない頃、「田淵幸一は本塁打を打ったバットのグリップエンドに印をつけているようだ」という話を耳にした。よし、と気合を入れ、試合後に駐車場へ向かう田淵にそのことを聞いてみた。返ってきた言葉は「何でもねえよ」のひと言。撃沈。当時は球団広報も気を使って個別のインタビューがNGだったのも納得した。

 ところが1983年夏、新幹線でのある出来事から、急に打ち解けて話すようになった。今は存在しない食堂車で、番組スタッフと食事をしていたとき、二人連れの女性が相席を頼んできた。断る理由はないので同席すると、しばらくして「あの~、西武ライオンズ関係の方ですか?」と聞かれた。よく顔を拝見すると、なんと元宝塚の鳳蘭(おおとり・らん)ではないか。こちらの身分を明かすと、「田淵さんの知り合いなんです」とのこと。大阪遠征帰りでチームと同便だったので、「声を掛けてきましょうか?」とサービス精神を発揮してしまった。

関連ニュース