記事詳細

【勝者のワザ】左の指3本を緩めるな! ダスティン・ジョンソン、精度高いアイアンのコントロールショット (2/2ページ)

 打ち方の特徴は、アームローテーションの活用になる。バックスイングでは、左腕が伸び、右腕がたたまれる。フォロースルーでは、逆に右腕が伸び、左腕がたたまれる。この入れ替え動作がアームローテーションの正体である。

 インパクトからフォロースルーにかけて右腕が伸び切ったところをフィニッシュとするのが、このショットを成功させるためのカギになる。ただし、ポイントは右腕ではなく、左腕と左グリップにある。

 左グリップを絶対に緩めないように、しっかり握っておくこと。緩むと手首が返って左に飛び出してしまったり、アームローテーションが行われずに弱々しいプッシュアウト・スライスになってしまう。

 左グリップ、特に小指、薬指、中指でがっちりとグリップをホールドしておこう。アイアンの場合、フィニッシュまで振り回してしまうようなスイングは、コントロール精度を低下させる。

 ■ダスティン・ジョンソン(Dustin Johnson) 1984年6月22日生まれ。米サウスカロライナ州出身。コースタルカロライナ大卒。2007年にプロ転向し、08年「ターニングストーン・リゾート」でツアー初優勝。ツアー屈指の飛ばし屋。14年に“個人的な挑戦”を理由に休養し、薬物依存の治療といわれた。15年に復帰し、16年「全米オープン」でメジャー初制覇。ツアー通算19勝。現在フェデックスポイント1位、世界ランク1位、賞金ランク1位。妻はアイスホッケーのレジェンド、ウェイン・グレツキー氏の娘ポーリナさん。193センチ、86キロ。

関連ニュース