記事詳細

金足農・吉田輝星、最速150キロを生み出した“地獄合宿”とマウスピース 甲子園 (2/2ページ)

 もう1つの秘密はマウスピース。投球時に食いしばるあまり歯が欠けたことをきっかけに、2年から着用している。試合では規定で白のマウスピースしか使えないが、練習ではお気に入りの色のピンクか、チームカラーの紫かで迷うという。「しっかり噛めるというか、力が入りますね」と効果を実感している。

 甲子園では「大阪桐蔭とか常連校と対戦できることが楽しみです。今まで感じたことがないレベルの選手たちに自分の力がどこまで通用するのか」と胸を躍らせる。

 チームのテーマは「平常心」と「圧倒して勝つこと」。吉田は「圧倒して勝とうと思って練習すれば、負けることはない。甲子園で自分のピッチングを見せればどうなるのかなって、わくわくしてます」と自信ありげ。今秋ドラフトの上位候補でもある剛腕が大舞台で快投を誓う。(内藤怜央)

関連ニュース