記事詳細

大谷、2点タイムリー 3試合連続安打 3番・DHで出場

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)は12日(日本時間13日)、本拠地でのアスレチックス戦に「3番・DH」で2戦連続で先発出場し、8回の第5打席に左前へ2点適時打を放った。3試合連続安打となった。

 5-8で3点を追う8回2死二、三塁から勝負強さをみせた。相手6番手右腕ファミリアの投じた89マイル(144キロ)のスライダーをしっかり引きつけて左前へはじき返した。

 この日は相手先発右腕ケーヒルのチェンジアップにタイミングが合わずに苦戦。4打席目まで三振、遊ゴロ、三振、三振といいところがなかっただけに、結果を出したい打席だった。1点差に詰め寄る貴重な一打で、一塁キャンバス上では納得の表情をみせた。

 大谷の投手としての復帰日程も徐々に進められている。11日(同12日)に、右肘のけがの後、初めてブルペンに入り、カーブとスライダーを交えて23球を投げた。特に問題はなく、一夜明けのこの日も試合前にキャッチボールで88球を投げて調整した。

 ソーシア監督は13日(同14日)に2度目のブルペンに入ると明かした。

関連ニュース