記事詳細

“ドラ1候補”金足農・吉田輝星投手の父に直撃! 「ここ1年くらいはプロの話をしなくなった」 甲子園 (1/2ページ)

 150キロの速球で今大会ナンバーワン投手の呼び声が高い金足農(秋田)の右腕、吉田輝星(こうせい)投手(3年)。1回戦の鹿児島実戦で14奪三振完投、14日に大垣日大(岐阜)戦に臨む。12日、京都府内の球場で吉田の姿を見守っていた父の正樹さん(42)=会社員=を直撃した。(内藤怜央)

 --輝星という名前の由来は

 正樹さん「まずは字の通り、輝く星になってほしいと。また、当時、人気だった柔道の井上康生(こうせい)選手にもちなみました。ひとつのことにしっかり向き合っていく姿とか、親思いなところを見習って育ってほしいなと思って。ちょっと大層な名前を付けてしまったかなと」

 --正樹さんも金足農野球部OBで、秋田県大会の決勝を2度経験している

 「はい。2年と3年のとき。2年のときはベンチに入れず、3年のときはベンチにはいたんですが、試合に出る機会はほぼありませんでした」

 --キャッチボールは本格的に野球を始める前から親子で?

 「やってましたね。小学1年のころから。こっちが無理矢理連れ出されるくらいで、『キャッチボールやろう』って。小学4年の後半からはピッチャーやってました」

関連ニュース