記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】スイングのテンポに微妙な狂い 深いトップを作ることでリズムを保つ (1/2ページ)

★三宅百佳(1)

 平均飛距離は230ヤード前後と女子プロの中でもそれほど飛ぶほうではないのですが、ドライバーは好きなクラブのひとつ。狭いホールでも不安を覚えることはほとんどなく、いつも気持ち良く振り抜いています。

 しかし、そんな大好きなドライバーでもたまに大きく乱れることがあります。その原因を突き詰めると、スイングのテンポが微妙に狂っていることが分かりました。

 私の場合、「このホールはあのポジションにボールを置きたい」「長めのホールなので少しでもドライバーを飛ばしておきたい」。そんなふうに欲が出ると、ついついテンポが早くなってしまうようです。

 そしてそれが原因で、トップの肩の入りが浅くなり(写真〔1〕)、結果的には振り遅れ(同〔2〕)になってしまうことが時々あります。

 そうならないために私が常に意識しているのは、肩をしっかり回し、深いトップ(無理やり深くするのではなく、自分にとっての最適なトップ)を作ることです(同〔3〕)。そうすれば、リズムが早くなることなく、いつものスイングができるからです。

 「一定のリズムでスイングしましょう」とよく言われますが、実際には難しいものです。現にツアーで何勝もしているようなトッププロでも、状況によっては打ち急いでミスをしてしまうことがままあります。

関連ニュース