記事詳細

【一番近くで見た 西武ライオンズ40年】先輩の東尾修氏に「トンビ!何やってんだ!」 天性のリーダー・石毛宏典氏 (1/2ページ)

★(13)

 西武黄金時代のキャンプ名物は、石毛宏典と辻発彦(現西武監督)の掛け合い。午前中に行われる「投内連係」のメニューは見学に訪れるファンにとって必見だった。

 バント処理や、一ゴロ、二ゴロで、投手が一塁ベースカバーに入り内野手と呼吸を合わせる練習。ここでミスを犯した選手に容赦ないヤジを浴びせるのがこの2人。たとえ年上の選手でも遠慮しなかった。

 ベテランの東尾修が悪送球でもすれば、「トンビ(東尾の愛称)! 何やってる! (外野の)ポールまでダッシュ!」というように。もちろん、本人たちもミスをすれば素直にダッシュする。性格的なものもあるが、近年こういうシーンを目にすることがなくなったのは寂しい。

 石毛は持ち前の明るいキャラクターで、チームを引っ張るリーダーとしてうってつけ。球団初の主将も務めた。口ぐせは「しゃあんめぇ」。出身地の千葉県旭市の方言かどうかは不明だが、「しようがない」という意味。この言葉は野球選手に不可欠な気分転換にピッタリだ。

 愛称は「ハチ」。由来は、まゆ毛が「八の字」とか、「ガラッパチ」の性格からとかいわれていた。しかし現役の晩年に小学校時代の同級生と話した際、「怒ると口先をとがらせてタコのようになるので“タコのハッチャン”からつけられた」と判明。石毛本人が私に訂正を申し入れてきた。この辺り、きちょうめんな性格が表れている。

関連ニュース