記事詳細

【トレンドウオッチャー木村和久の世間亭事情】「サマータイム」には大反対! 時間早めればいいってもんじゃないでしょ (1/2ページ)

 安倍内閣が2020年の東京オリンピック・パラリンピックの猛暑対策として、サマータイムを目論んでいますが、私、これには大反対。まさに暴挙だと思います。

 例えばマラソンのスタート時間が、朝7時半から、7時に変更になりました。これがサマータイムで、1時間早めるなら、実質6時のスタートになって、涼しいという考えのようです。

 そんな小細工のために、サマータイムをやるって、尋常じゃないです。いざサマータイムを始めると、膨大な手間暇がかかります。7月のある日から、7時が6時って、日本人はやったことないですから、相当戸惑います。体内時計も狂うし、睡眠障害や早朝起床の心臓負担で、心筋梗塞も起こりやすいそうです。

 アメリカはサマータイムを好んでやっていますが、そもそも時差が北米のみで4時間も違います。ロスに行って、シカゴ、ニューヨークと飛べば、そのつど標準時を変えて生活をしている。つまり日ごろから時間変更が染みついているので、楽に順応できるのです。しかもアメリカは3月中旬~11月1週までがサマータイムって、長くないですか? サマータイムが普通で、冬時間が特殊と理解すればいいのでしょうか。

 イギリスなどの欧州も、サマータイムを実施していますが、緯度が高いので、夏は夜9時でもまだ明るい。サマータイムのやりがいがあります。緯度の低い日本では、サマータイムの御利益は少ないのです。

関連ニュース