記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】効果絶大の“葉っぱ挟み”練習法 グリップをしっかり握り、右手のパワー伝える (1/2ページ)

★三宅百佳(2)

 「グリップは強く握るべきか、ゆるゆるにしておくべきか」についてお話しをしたいと思います。

 バックスイングで生み出したエネルギーをインパクトでしっかりボールに伝えたい。そのためには、クラブを握るグリップもある程度しっかり握っておく必要があると思っています。

 人によっては、グリップ、特に右手は力が入りすぎると手打ちになってしまうので、ゆるめに握ったほうがいいという人もいますが、右手がゆるゆるだと力が逃げるというのが私の考え。右手でパチンと叩くイメージ(写真〔1〕〔2〕)を出すためにも、左手と一体化するくらい右手はしっかり握るようにしています。

 練習方法としていつもやっているのが、右手の拇指球(親指の付け根の膨らみ)と左手の親指との間に葉っぱを挟んでグリップするドリルです(〔3〕〔4〕)。

 葉っぱを挟んだら、あとは落とさないようにボールを打つだけ。素振りだけでなく、実際に打つというのがポイントです。たかだか葉っぱ1枚ですが効果絶大で、右手がゆるまないだけでなく、右手と左手の一体感が生まれ、最大のパワーをボールに伝えることができるようになるのです。葉っぱが見当たらなければ、薄い紙でもOK。私も練習場などではレシートを使うことがあります。

 葉っぱといえども敏感な部分に異物を挟むことになるので、最初は違和感を覚えるかもしれませんが、次第に慣れてくるはず。もちろん、実際のラウンドでは葉っぱを挟むことはできませんが、練習を重ねることによって、何も挟んでいなくても一体感が生まれてくるものです。

関連ニュース