記事詳細

森保J東京五輪エースに浮上! 快足FW20歳、J2松本・前田大然が輝きを放つ (1/3ページ)

 ジャカルタ・アジア大会の男子サッカーに2020年東京五輪世代のU-21(21歳以下)代表で臨んでいる日本は、27日の準々決勝でサウジアラビアを2-1で破り、2大会ぶりのベスト4進出を決めた。厳しい戦いの中、快足FW前田大然(20)=J2松本=などが成長をみせ、東京五輪のエース格として台頭してきた。しかし、全体としては選手層の薄さを感じさせ、東京五輪ではオーバーエージ(OA)枠に立候補しているMF本田圭佑(32)=豪州メルボルン・ビクトリー、DF長友佑都(31)=ガラタサライ=らの招集は避けられない情勢だ。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

 「ベスト4を目指しますよ」と大会前に掲げていた最低限の目標は達成した森保一監督(50)だが、試合終了後はにこりともしなかった。開幕まで2年を切った東京五輪を見据えた場合、決して満足できる内容ではなかったからだ。就任直後から難しい舵取りを迫られている。

 2ゴールを決めたMF岩崎悠人(20)(J2京都)は、指揮官が「確かに決めてはくれたが、(日本はもっと)チャンスを作っていた」と苦言を呈した通り、シュートがGKに阻まれたり、ドリブルを仕掛けようとして相手DFにボールを奪われるシーンが目立った。

 その中で評価を上げたのは、前田だ。岩崎の得点はいずれも前田から生まれた。先制点は前田が競り合いからチャンスを生み出し、決勝点となった2点目も、1-1で迎えた後半28分、前田がドリブルでペナルティーエリア左に進入し、岩崎への絶妙なマイナスのパスから生まれた。

 岩崎も「(前田)大然が(相手DFとの)1対1に勝って、しっかり合わせてくれたゴールです」と感謝することしきりだった。

関連ニュース