記事詳細

バスケ買春4選手、1年間出場停止

 日本バスケットボール協会は29日、ジャカルタ・アジア大会の期間中に日本代表の公式ウエアを着て歓楽街を訪れ買春行為に及んだことが発覚した永吉佑也(27)=Bリーグ京都、橋本拓哉(23)=同大阪、今村佳太(22)=同新潟、佐藤卓磨(23)=同滋賀=の4選手に、1年間の出場資格停止処分を科すと発表した。三屋裕子会長(60)は報酬10%減額3カ月とする。

 処分は弁護士による裁定委員会で4選手から事情を聴いた上で、協会が臨時理事会を開いて決定。裁定委員会の伊藤鉄男委員長は「活動停止は酷。4人は記者会見で謝罪し、社会的制裁も受けているので1年程度が相当」と話した。

 4選手が所属するBリーグ各チームも同日、いずれも減俸や社会奉仕活動への従事などの処分を科したと発表した。