記事詳細

“本田監督”がカンボジア代表に合流、練習で初指揮

 W杯ロシア大会日本代表でカンボジア代表のゼネラルマネジャー(GM)に就任した本田圭佑(32)=メルボルン・ビクトリー=が4日、同国の首都プノンペンで行われた練習で初めて指揮を執った。

 監督ライセンスを持っていないため肩書はGMだが、実質的に監督の役割を担う本田は10日にプノンペンで行われるマレーシアとの親善試合へ向け、「ゆっくり前に進んでいきますよ」と余裕をうかがわせた。

 メルボルンに選手として所属しながらカンボジア代表を率い、おまけにオーバーエージ(OA)枠で東京五輪出場にも意欲を示している。この3つをこなすのは人間業とは思えないが、日本協会関係者は「東京五輪? 決めるのは本田自身ではなく森保監督だから」と冷ややか。

 世代交代を進めたいのが本音だけに、カンボジア代表GMの仕事に熱を上げてくれれば、願ったりかなったりかもしれない。

関連ニュース