記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】ライン読み向上、アドレス改善に役立つ マークを使ったパット練習 (1/2ページ)

★吉川桃(1)

 ゴルフはパッティングが大事。プロになってそのことを痛感したこともありますが、普段の練習はもちろん、ラウンド前(私の場合、試合になりますが)もしっかりパッティング練習を行うようにしています。

 そこで今回は、私がラウンド前にいつもやっている練習法の中からとっておきのメニューをご紹介したいと思います。

 といっても特に難しいものではありません。まず、カップから1~2メートルの適当なところにボールを置き、ラインを読みます。そして、そのラインに対して自分が打ち出そうと思ったところにマークを刺し、そのマークを通過するように打ちます(写真)。

 マークの上を通過してカップに入ればラインが合っていた証拠。マークの上を通過したにも関わらずカップに入らなかった場合は、もう一度ラインを読み直し、マークも刺し直します。

 そして、狙い通りにカップインするまで続けます。

 これをやっておくことで実際のラウンドでラインを読むとき、「ここを狙う」という意識が明確になります。その結果、入る入らないは別として、自信を持ってカップを狙うことができるようになります。

関連ニュース