記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】日程危機! セ・リーグ最終順位2、3位とCS出場球団が異なる事態に? (1/2ページ)

 セ・リーグが7日に追加試合を入れた最終日程を発表し、阪神は26日の横浜DeNA戦(甲子園)から10月8日のヤクルト戦(神宮)まで13連戦。DeNAは21日の中日戦(横浜)から10月2日のヤクルト戦(神宮)まで12連戦が組まれた。

 独走中の広島の優勝はもはや時間の問題としても、クライマックスシリーズ(CS)出場圏の残り2枠争いは大混戦。拍車を掛ける可能性を秘めた最終日程に、セ・リーグ関係者は戦々恐々だ。

 というのは、前代未聞の珍事が起きかねないから。ヤクルト、巨人、阪神の三つどもえの争いは混とんとしている。しかも、ドーム球場が東京ドームとナゴヤドームの2つしかないセの日程は現状でもパンク危機にひんしている。

 今後さらに雨天中止試合を追加できるのは、10月9日から11日の3日間しかない。CSファーストステージ開幕の2日前の10月11日までに全日程が終了しない恐れがある。現実にそうなった場合、「リーグの順位はクライマックスシリーズ開幕2日前までの成績」とのCS規定によって、全日程終了時の順位と違ってくる可能性がある。

 CSファーストステージの入場券発売の事情などを考慮しての規定で、過去には1度もないレアケースだが、雨天中止が多い今季はすでにセ・リーグの日程のやりくりは限界点に達している。史上初めて、最終順位の2、3位とCS出場球団が異なる前代未聞の珍事が起こり得るのだ。

関連ニュース