記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】スイング、バックとダウンの軌道を一致させる必要なし (1/2ページ)

 【今週の質問】スイング軌道を意識していますが、上級者の友人に、バックスイングとダウンスイングの軌道がずれているといわれました。自分では同じ軌道を上げて下ろしているつもりなのですが、ダウンスイングの方が低い軌道になっているというのです。確かにダフりのミスがよくでます。

 スイングは円軌道であり、その軌道はスイングプレーンなどの理論でよく説明される。スイングプレーンとは傾いた一枚の仮想上の面で、この上をクラブヘッドが滑るように動いていけば、スイングが安定するというのだ。

 ただ、あまり軌道のことを考えすぎると難しくなりすぎる。だいたい傾いた円軌道であることをイメージするのはいいが、それ以上はあまりこだわる必要はない。特にバックスイングとダウンスイングの軌道を一致させるとうまくなれるという理屈は幻想にすぎないと思う。

 そもそも上げる軌道と下ろす軌道は、違っている方が自然である。

 例えばフック系の弾道を打つときだ。

 説明するまでもなく、インサイドからのダウンスイングが必要なので、インサイドにテークバックをとりたくなる人もいると思うが、これが意外とうまくいかない。

 インサイドに引きすぎるとシャフトが寝て、寝たシャフトは一層ヘッドの重みの影響を受けてさらに寝ようとするので、ダウンスイングに入るときには低すぎる軌道になる。これではボールに届く前に地面に当たってしまう。ダフってしまうことになる。

関連ニュース