記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】バックスイングをインに引かないように注意 (1/2ページ)

★植竹希望(1)

 ラウンド前のアプローチ練習。ほとんどのゴルファーが最後の仕上げのつもりで気持ち良くポンポンと打って仕上げていると思いますが、実はけっこうそこに落とし穴が潜んでいるんです。

 実は私もそうなんですが、気持ち良く打っているとバックスイングで手の動きが大きくなり、自然とクラブがインサイドに入り込んでしまうことがあるからです(写真〔1〕)。

 短い距離のアプローチなので、それほど大きな乱れには見えませんが、実はよく見ると、出球が荒れているなんてことありませんか?

 そうならないためにも、アプローチも(というよりはアプローチだからこそ)腕だけではなく、上半身と体幹を使って打つことが必要です。

 そのことを体に覚え込ませるために私がやっているのはスティック(クラブでも可)を使ったドリルです。

 いつもと同じようにボールをセットしたら、ボール1個分手前にスティックを置き、テークバックでフェースが内側に入らないように注意しながらストレートを意識しながらクラブを引きます(〔2〕)。

 大きなスイングになったら、当然、スティックを超えてインに入りますが、少なくともインパクトゾーンでは絶対超えないようにすることが大切です。

 フォローサイドも同じです。腕でクラブを振り出すのではなく、上半身と体幹の動きだけでクラブをストレートに出していきます(〔3〕)。

関連ニュース