記事詳細

【水沼貴史 オヤジのためのサッカー塾】MF南野拓実、フィニッシャーに徹して見せた成長ぶり

 森保ジャパン初陣のコスタリカ戦(11日)で「ひとわまり成長したなぁ~」と思わせてくれたのが、“トップ下”の位置で先発し代表初ゴールを決めたMF南野拓実(23)=ザルツブルク=でした。

 10代からテクニックはある選手でした。体をうまく使いながら受ける彼のファーストタッチは、ディフェンダーから届きづらい。なおかつ、瞬時にシュートを打てるポジションにボールを置く技術は日本人でトップクラスです。その特長が生かされたゴールでした。

 1-0とリードした後半21分。MF中島(ポルティモネンセ)のスルーパスを、ペナルティーエリア内に抜け出したDF遠藤航(シントトロイデン)がゴール前へ折り返し、南野はワントラップから左足で相手DFの股間を抜き、ゴール右へ流し込みました。

 ポイントは遠藤がボールを持った瞬間、「ここに(パスを)ちょうだい!」とサインを送っていたこと。これまでの南野にはスマートすぎる印象がありましたが、この試合では「オレが決めてやる!」という気持ちがどのプレーにもあふれていたところが良かった。

 また、これまで私は南野のことを「自分で仕掛ける選手」と認識していましたが、この試合ではフィニッシャーの役目を自覚し見事にこなしました。決定力不足が“持病”の日本代表にとって待望久しいタイプ。10月のキリンチャレンジ杯でも見たい選手です。(元J1横浜監督・水沼貴史)

関連ニュース