記事詳細

8月度「スカパー!サヨナラ賞」 広島・鈴木「劇的!サヨナラ弾」 ソフトバンク・グラシアル「初のサヨナラ満塁本塁打」

 セ、パ両リーグは、8月度の「スカパー! サヨナラ賞」に、広島・鈴木誠也外野手(24)と、ソフトバンク・グラシアル内野手(32)を選んだ。

 鈴木は、8月23日のマツダスタジアムで行われた対ヤクルト18回戦、9回裏8-8で迎えた場面で、左翼へサヨナラ本塁打を放った。鈴木の受賞は、2016年6月度に続き、2年ぶり2度目。

 グラシアルは、8月26日に福岡ヤフオクドームで行われた対埼玉西武ライオンズ18回戦、8-8で迎えた12回裏、一死満塁の場面で右翼へサヨナラ満塁本塁打を放った。来日1年目のグラシアルは、初のサヨナラ打。

 鈴木にはスカパー!加入者の木村聡子さん、中田司さんから、グラシアルには、同じくスカパー!加入者の久野靖典さん、みずほさんから記念品が贈呈された。

 受賞した両選手は、「温かく見守ってくださるファンの皆さんの前で、去年ケガをした日と同じ日(8月23日)にホームランを打てて、本当に特別な日になりました」(鈴木)、「賞を受賞できたこと以上に、チームが勝てたことが一番うれしい。残り試合もしっかり集中して、優勝を目指して頑張ります」(グラシアル)と、それぞれサヨナラ打の感想を語った。

関連ニュース