記事詳細

米国人を熱狂させるウッズの復活劇! 5年ぶりツアーV 不倫、逮捕、手術…転落から42歳で光明 (1/2ページ)

 「アメリカ人が本当に好きな物語は、単なる転落劇ではなく、贖罪からの復活劇だ」

 FOXスポーツは、米男子ゴルフプレーオフ最終戦「ツアー選手権」(23日=日本時間24日、米ジョージア州アトランタ、イーストレークGC)で実現したタイガー・ウッズ(42)の5年ぶり通算80回目のツアー勝利をこう報じた。

 20代の時から天才として破竹の勝利を重ねていたウッズが突然転落したのは、2009年11月。前夫人に不倫をとがめられ、車で逃げようとした際、事故を起こして負傷。ツアーを欠場すると、その直後からさまざまな不倫スキャンダルが暴露され人気が凋落した。多くのスポンサーが撤退し、ゴルフ人気自体にも陰りが見えた。

 17年には投薬の影響で車を蛇行運転。職務質問でろれつが回らず運転マナー違反で逮捕された。逮捕時の視線も定まらない顔写真が世界に配信され、多くの人が「ウッズは終わった」と考えた。

 さらに4度にわたる腰の手術。プレーヤーとしても光明を見いだせず、ウッズ自身も今春「2度と勝つことはできないかもしれない」と覚悟を決めていた。

 「それだけにこの物語にはものすごい価値がある」とFOXスポーツ。

関連ニュース