記事詳細

広島3連覇に隠された“秘話” チーム空中分解の危機を救った新井の“大岡裁き” 「トラブル処理は10件ほどあった」 (1/3ページ)

 優勝へのマジックを「1」としていた広島は26日のヤクルト戦(マツダスタジアム)に10-0で勝ち、球団史上初のリーグ3連覇を達成した。緒方孝市監督(49)は3万2244人の観客の前で9度宙を舞った。本拠地での胴上げは1991年以来27年ぶり。チームはシーズン中、何度か空中分解の危機に陥ったこともあったが、その度に“大岡裁き”で救ったのが、今季限りで現役を引退するベテラン、新井貴浩内野手(41)だった。(山戸英州)

 「優勝してうれしいけれど、僕の中ではタイマーが鳴っている。新井さんと一緒にやれる時間が減っているのは寂しい」

 菊池涼介内野手(28)が複雑な心境をそう表現した。「人間として、野球人として育ててくれた」と新井に最敬礼する弟分だ。

 新井はこの日、10点リードの7回2死一、二塁に代打で登場し三ゴロ。試合終了後には、スタンドから沸き起こった「新井! 新井!」のコールに促され、緒方監督に続いて胴上げされた。

 6度宙に舞い、「『胴上げはやらなくていいから』と事前にいっていたけど、自然にやってもらった。ありがたい」と照れた。

 ビールかけの中締めでは「2次会は黒田さん(一昨年限りで引退した博樹氏)の家でやります。300人以上入りますんで!」と呼びかけ、爆笑を誘っていた。

 誰もが新井を慕っている。今季は開幕直前に左ふくらはぎを痛め、14年ぶりの2軍スタート。

関連ニュース