記事詳細

バド桃田、世界ランク1位 日本男子初

 今夏のバドミントン世界選手権で金メダルを獲得した桃田賢斗(24)=NTT東日本=が27日に発表された最新の世界ランキングで日本男子初の1位に昇格。早速、同日の韓国オープン(ソウル)2回戦でデンマーク選手を2-1で下して準々決勝へ進んだ。

 桃田は2016年4月に自己最高位となる2位をマークした直後、違法賭博への関与が発覚し、世界ランキングも抹消された。無期限出場停止処分が解けた後の17年7月から国際大会へ復帰し、282位で復活。世界選手権優勝や9月のジャパン・オープン優勝などで着実に高ポイントを稼ぎ、20日に最高位タイの2位に浮上。23日まで行われた中国オープンで準優勝し、前週まで1位だったアクセルセン(デンマーク)を逆転した。

 NTT東日本で指導する須賀隆弘監督は「大変な偉業であり、喜ばしいことです。現在の桃田が在るのは、苦しい時期にも色々な方々に支えられ、そしてご指導をいただいた結果であると思っております。これからも感謝の気持ちを決して忘れることなく、真摯にバドミントンに向き合うことが大事なことだと考えています」。

関連ニュース