記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】真っすぐ立つには練習あるのみ! 目標を見ずにスパットで構える (2/2ページ)

 ほとんどのプロゴルファーが真っすぐ立つことができているのは、この地道な作業を毎回やっているからです。プロたちはこの作業をいちいち意識することはありませんが、この確認を怠ることはありません。言い換えれば、こういう作業をしないで構えてしまっている人は、かなりいい加減なゴルフをやっていると言わざるを得ないわけです。

 せっかく良いスイングが身に付いても、構えが原因でミスショットをしていては元も子もありません。ボールを打つ練習もけっこうですが、正しく構える練習もしっかりやっておきましょう。

 プロが9ホールのマッチプレーで真剣勝負する120分番組。10月は、加瀬秀樹と高見和宏の実力派シニア同級生対決。熱いバトルを制するのはどちらか? 視聴問い合わせ(電)0120・562・034

 ■平石武則(ひらいし・たけのり) 1959年千葉県生まれ。16歳でゴルフを始め、大学卒業後にプロに転向。なかなか結果が出なかったが、90年の「日本プロ」でツアー初優勝で初シード獲得。ゆっくりしたリズムから放たれる豪快なドライバーショットが武器。国内ツアー通算4勝。シニアでは2010年「日本プロシニア」優勝。

関連ニュース