記事詳細

【勝者のワザ】ささきしょうこ 正確なショット生みだす緩みのないスイング (1/2ページ)

★スタンレーレディース優勝 

 黄金世代の新垣比菜との接戦を制したささきしょうこが、ツアー2勝目を挙げた。

 ささきの持ち味は、正確なショットにある。正確なショットは、緩みのないスイングから打ち出される。

 トップが決まっている。フィニッシュも蓄積されたパワーが全て解放されることでバランスよくピタッと決まる。

 クラブヘッドの動きに遊びがない。余りがない。これらは体幹部の動きに腕、クラブの動きがしっかり同調していることを物語っている。

 アマチュアゴルファーには、トップスイングで左ヒジが曲がってしまう人が多い。どうすれば左腕がしっかりと伸びたトップになるのか。左ヒジを曲げないことを意識してしまうと、左肩に力みが生じ、上半身の動きもぎこちなくなる。

 意識するところが違う。グリップエンドの向きを意識してみよう。テークバックでは、グリップエンドが地面を指すようにするとシャフトが立ち、クラブヘッドはスムーズに上昇していく。

 左腕が地面と水平になったところで、腕とシャフトの角度は直角に近くなる。このとき、左腕は、しっかりと伸びていることを体感できる。

 そこからは、なおグリップエンドを意識した動きが続く。今度は、グリップエンドをターゲットの反対側(飛球線の後方)に向けていくようにする。

関連ニュース