記事詳細

白鵬、九州場所絶望か…ブログに「骨折でした」

 本当に骨折なら、初日(11月11日)まで1カ月を切った九州場所(福岡国際センター)の出場は絶望的だ。

 12日、横綱白鵬(33)が秋巡業を離脱したことが明らかになった。所属する宮城野部屋関係者によると、右膝痛のため巡業地の三重県四日市市から東京へ戻り精密検査を受ける見込み。

 7月の名古屋場所でも右膝を負傷し途中休場していたが、この日は自身の公式ブログに患部のレントゲン写真を掲載。「残念です」というタイトルで「本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。骨折でした。頑張ったけどやっぱりダメでした。東京でリハビリ治療頑張ります」などと書き込んだ。

 9月の秋場所では前人未到の幕内1000勝を達成し、自身の最多記録を更新する41度目の優勝を15戦全勝で果たしたばかり。昨年は6場所中2場所で休場(秋は全休)しているが、今年はすでに3度(春は全休)。4度となれば自己ワーストとなる。

 2020年東京五輪で土俵入りを行い引退することを目標に掲げているが、それまであと11場所。満身創痍の体は持つのか。