記事詳細

【西本忠成 トラとら虎】若手の台頭未完成 新監督にのしかかる“金本負の遺産” (2/2ページ)

 「首脳陣が代わるってことは、選手を見る目が変わるってこと。当然指導法も変わるから、藤浪や高山は輝きを取り戻す可能性は多分にある。藤浪が先発ローテの軸、高山が3番に定着するだけでも、最下位からの脱出は可能」と先のOBは見ている。

 他に中谷、大山、北條ら、壁にぶつかっている野手は多い。第34代目の新監督の前途は多難の一語に尽きる。(スポーツライター・西本忠成)

関連ニュース