記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】広島とソフトバンク、日本シリーズ“前哨戦”で明暗!?

 日本シリーズ2日前の前哨戦となったのが、10・25ドラフト。ソフトバンクと広島が真っ向激突。オリックス、横浜DeNAも加えた4球団の1位指名が競合した報徳学園・小園海斗内野手を巡る争奪戦だ。

 最後の残りクジで当たりを引いた広島・緒方孝市監督(49)は笑いが止まらない。「オーナーから『絶対に(当たりクジを)引いてこい』と言われました」「(小園と)会えるのを楽しみにしています」などと“舌好調”。

 対するソフトバンク・工藤公康監督(55)は、外れ1位でも立命大・辰己涼介外野手を楽天に取られてしまった。“外れ外れ”1位でようやく東洋大・甲斐野央投手を獲得した。

 「ボールの回転が良い。きれいなボールを投げる。良い投手を取れてよかった」と工藤監督は収穫をアピールしたが、昨年のドラフト会議でも1位指名で7球団競合の早実・清宮をはじめ、JR東日本・田嶋、仙台大・馬場と3度も外した。

 今年も“連敗”を喫し、日本シリーズの前哨戦としては完敗だ。ドラフト前日に王球団会長が「文句なしのナンバーワンと評価している」と小園1位指名を明言。「後は工藤監督に当たりクジを引いてもらうことを期待している」と語っていたが、皮肉な結果となった。

 とはいえ、昨年のドラフトで涙をのんだ工藤監督は、日本シリーズではDeNAを4勝2敗で下し日本一になっている。

 今年の日本シリーズでも緒方監督に対し、ドラフトのあだを返せるか。新たな焦点ができ、さらに興味深くなってきた。(江尻良文)

関連ニュース