記事詳細

白鵬、右膝手術の影響で九州場所を休場 

 大相撲の東横綱白鵬(33)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=が右膝痛のため、九州場所(11日初日・福岡国際センター)を全休することが8日決まった。師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)が明らかにした。休場は7月の名古屋場所以来10度目で、今年は6場所中4場所が休場となった。

 10月中旬に右膝と右足首の手術を受けた影響から稽古は四股などの基礎運動にとどまってなかなかペースが上がらず、出場が不安視されていた。

 宮城野親方は「しっかりとした四股が踏める状態ではない。痛みが取れていない。今年の最後もけがで終わってしまったが、これから良くなっていくと思う」と説明した。順調に回復すれば来年1月の初場所の出場には支障がないとした。

関連ニュース