記事詳細

楽天が浅村獲得を発表 石井GM「ほっとした」

 楽天は21日、西武から国内フリーエージェント(FA)権を行使した浅村栄斗内野手(28)の獲得を発表した。背番号は「3」で契約は4年総額20億円程度とみられる。石井一久ゼネラルマネジャー(GM)は「ほっとした。どうしても来ていただきたい選手だった」と喜びを語った。

 20日に浅村から「悩んだが、お世話になって勝負したい」と入団の意向を伝えられたという。石井GMは「あれだけの打力を持っている二塁手はなかなかいない。ポイントゲッターとしてチームに貢献してもらいたい」と期待を込めた。

 浅村は大阪桐蔭高から2009年にドラフト3位で西武に入団し、13年に110打点で最多打点のタイトルを獲得。今季は打率3割1分、32本塁打、127打点で2度目の打点王に輝き、主将として10年ぶりのリーグ優勝に貢献した。西武は残留を求め、ソフトバンクとオリックスが獲得を目指していた。