記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】FA戦線異変! 浅村は門前払い&メールでお断り、丸は超スロー交渉 (1/2ページ)

 今年のFA戦線は何かおかしい。宣言選手の立ち居振る舞いが非常識なら、球団の対応も不可解なものが多い。

 西武からFA宣言していた浅村栄斗内野手(28)は楽天入りを決めたが、獲得に名乗りを上げていたオリックスに対し、1度も直接交渉せずに断りを入れる前代未聞の珍事。オリックス側は「交渉してから断るのはかえって失礼だと思ったのでは…」と善意に受け止めていることをアピールしたが、建前だろう。ムキになって怒りをあらわにすれば、なおさらみっともないと考えたのだろうが、こんな無礼な話はないのだから、堂々と文句を言えばいい。

 浅村獲得に名乗りをあげていた4球団の中で提示額が最高だったソフトバンクに対しても、電話一本かけずにメールで断ったというのだから、あきれかえってしまう。浅村自身の常識の欠如なのか、代理人の問題なのか…。年賀状代わりにメールで済ませるIT時代にふさわしいなどと、笑っている場合ではない。

 広島からFAの丸佳浩外野手(29)は、超スロー交渉だ。15日に広島以外の球団との交渉が解禁されたが、ちょうど1週間後の22日になってようやく都内でロッテと交渉した。

関連ニュース