記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】ギータ強運!? 日本一パレード、孫オーナー欠席で王会長、工藤監督と先頭車両に

 2年連続日本一に輝いたソフトバンクのパレードが25日に福岡市中心部で行われた。

 ソフトバンクのパレードの中で、ピカイチの強運ぶりを発揮したのが、選手会長の柳田悠岐外野手(30)。「工藤(公康)監督、王さん(貞治球団会長)と一緒の車に乗れて幸せ。一生の思い出ができた」と満面の笑みだ。

 昨年の日本一パレードもそうだったが、通例、先頭の車に乗るのは孫正義オーナーと工藤監督。王会長は必ず2番目の車に乗ってきた。ところが今回は、本社業務が多忙な孫オーナーがパレードに参加できず、柳田が王会長、工藤監督と先頭車両に同乗することになった。

 柳田はダイエー・ホークス時代の2004年に松中信彦が達成して以来、日本に現れていない3冠王に一番近い男ともいわれている。実現すれば、現役時代の1973、74年に2年連続3冠王に輝いた恩師・王会長が後継者として免許皆伝となるだろう。(江尻良文)

関連ニュース