記事詳細

丸に巨人マスコミの“洗礼” 都内で交渉前に報道陣とカーチェイス (1/2ページ)

 広島から国内FA権を行使した丸佳浩外野手(29)。獲得に名乗りを上げた巨人と東京都内で行った入団交渉に際して、人気球団ならではの“洗礼”を浴びていた。

 24日に丸と交渉した巨人・原辰徳監督(60)は一夜明けた25日、自宅のある東京都目黒区で開催された「目黒シティラン」でスターターを務めた。ランナーからの声援にグータッチで応え、「少なくとも目黒区民は巨人ファンが多いと感じました」と喜んだ。

 大役を務めた後は報道陣に対応し、かねて予告していた背番号シャッフルに言及。おいの菅野智之投手(29)は「19」からエース番号「18」への変更を打診されると、謙虚に「いいんでしょうか?」と応じたが、「智之しかいない」と背中を押したという。一方、夕刊フジ記者が「8番はどうなりそうか」と尋ねると、「逆に聞きたいよ!」と困ったような笑顔を浮かべた。

 前日に丸にラブコールを送った席では、自身も現役時代に背負った空き番の「8」を提示したとみられる。

 交渉の日程は極秘裏に設定された。24日午前、丸が球団行事で広島市内の神社に参拝後、新幹線で東京に向かったとの情報が現地から在京メディアに届き事態は急展開。交渉場所も不明だったため、報道陣は品川、東京の両駅で待ち構え、品川駅到着後タクシーに乗り込んだ丸を追って、カーチェイスが繰り広げられた。追いかけっこの末に都内のホテルが突き止められ、交渉後には巨人側だけが報道対応した。

関連ニュース