記事詳細

阪神新主将・糸原を恩師“やくざ監督”が絶賛!? 「プロとしての魂をしっかり持った子」 (2/2ページ)

 「人気と伝統を兼ね備えたタイガースでキャプテンでしょ。ここまで成長できたのは努力、練習だけじゃない。あの体を超越したプロ野球選手としての魂をしっかり持った子だから指名されたと思う」とたたえる。

 阪神は今季17年ぶりの最下位に沈み、一見荷が重いタイミングのようだが、恩師は「むしろいい時期」とみる。

 「最下位からのスタートなら、少し浮上しただけで評価してもらいやすい。福留、鳥谷ら先輩ベテラン選手もいますから、無理して引っ張るのではなく、生きた教材としてチームをまとめる極意を学べばいいんです。そうする中で、糸原なりのキャプテンシーが完成される」。高校時代からプラス思考をたたき込まれた男が、変革期のチームをどうまとめるか。 (山戸英州)

関連ニュース