記事詳細

商才ある景子さんは夫を捨て息子を取った… 元貴親方離婚“不肖の長男”めぐる確執 (1/3ページ)

 23年間の結婚生活にピリオドを打った元貴乃花親方の花田光司氏(46)と、景子さん(54)。靴職人でタレントの長男・優一氏(23)をめぐる意見の相違が、離婚の要因のひとつとみられている。花田氏は15歳で、父の元大関貴ノ花の下に入門し、親子の縁を切る形で厳しく鍛えられた自分同様、職人としての道を邁進することを優一氏に求めたが、芸能活動を含めて全面アシストを続ける景子さんとの間に大きな隔たりが生まれるようになった。結局、景子さんは夫を捨て息子を選んだ格好ともいえる。

 昨年の日馬富士による貴ノ岩への傷害事件に端を発した日本相撲協会との対立で、退職、貴乃花部屋の解散を招いたことは、確かに夫婦仲に大きなダメージを与えたが、優一氏をめぐる確執はもっと直接的だった。

 優一氏は青山学院幼稚園から青山学院初等部・中等部へ進学した“お坊ちゃま”育ち。卒業後、15歳で米ボストンに語学留学。18歳になると靴職人を志し、イタリア・フィレンツェの靴工房に単身弟子入りした。

 ただ、修行の費用は「親方の後援者に資金を出してもらった」(元貴乃花部屋関係者)という一面もあった。

 海外暮らしの心労から一時帰国し、父の花田氏から「おまえに帰る家はない」と一喝されたことがある。一念発起してイタリアへ戻り、2015年頃から靴職人として製作を始めた。

 一足20万の高級靴をオーダーメードで製作するという触れ込みだが、週刊誌上では「納期を守らずクレーム殺到」などと報じられている。

 17年4月には、陣幕親方(元前頭・富士乃真)の娘と結婚したが、こちらも今年に入ると不仲が伝えられ、9月にはロングヘアの女性と六本木ヒルズでデートしている様子が週刊誌で報じられ不倫騒動勃発。このときちょうど花田氏は秋田巡業で倒れ一時意識不明となっただけに、家族には気まずい雰囲気となった。

関連ニュース