記事詳細

報道合戦に困惑… 西が「阪神入り」を否定

 オリックスからFA宣言した西勇輝投手(28)は“阪神の洗礼”をどう受け止めたのか。

 28日、一部スポーツ紙が「阪神入り決断」と報じたが、西は午前中のうちに「現時点で決断していることは何一つありません」と否定した。

 もっとも、阪神サイドでは谷本球団本部長らがこれまでに2度交渉しており、引っ越しの必要もなくオリックス時代と生活環境を変えないまま移籍できるメリットを最大限にアピールしているのは事実。それなりに手応えもある。

 「オリックス、ソフトバンク、DeNAに正式な断りを入れてからでないと、阪神入りを表明するわけにもいかないんだろう」(他球団編成担当)とおもんばかる声もある。

 いずれにせよ、問題は西がこうした報道合戦をどう感じているか。阪神のフロントのひとりは「FAで阪神や巨人に行けば、こういうことは付きもの。そこは覚悟してこないと体が持たない」と忠告する。

 西本人も先日、夕刊フジの直撃に「これまでは、あんまり記者の方が来ても何も思わなかったのですが、これだけ頻繁に来られたら…」と戸惑いを隠せなかった。

 オリックスから一転、阪神入りとなれば否が応にも記者に追いかけ回される日々が待っている。今回の一件が「阪神お断り」の要因にならなければいいが…。(山戸英州)

関連ニュース