記事詳細

花田優一氏“親子ダブル離婚”危機 本職も前途多難で末は母のマネジャー? (1/2ページ)

 一流タレント並みの注目度だ。離婚した花田光司氏(46)=元貴乃花親方=と河野景子さん(54)=元フジテレビアナウンサー=の長男で靴職人の花田優一氏(23)が28日、都内で行われた「第47回ベストドレッサー賞」授与式に出席。若手クリエーターに贈られる「第15回ベストデビュタント賞」のファッション部門に選出された。

 「本職は靴でやっておりますが、このような賞を頂き励みになります」とあいさつ。「人間として人格者となれるように日々修業していかないといけないと思っています」とコメントした。

 今をときめく女優・有村架純(25)、俳優・高橋一生(37)らが一緒に登壇していたが、注目度は断トツ。優一氏の表彰が終わると、報道陣がゾロゾロと会場をあとにする異様な光景となった。

 優一氏は昨年8月に陣幕親方(元幕内富士乃真)の娘と結婚。当時は「全然親とは関係なく、仕事で出会った子が偶然そういったご家庭(相撲部屋)の人だった。(なれそめは)靴のセミナーを開催したときに、興味を持ってきてくれた」と説明していたが、今年に入ると早くも不仲がささやかれるように。8月には別の女性との六本木ヒルズデートが週刊誌で報じられ、不倫疑惑が勃発した。

関連ニュース