記事詳細

オリ自由契約の金子、日本ハム入りが決定的

 オリックスから自由契約となった金子千尋投手(35)の日本ハム入りが決定的な情勢だ。

 すでに交渉し条件も提示。日本ハム球団幹部は「ファイターズのチームカラーや野球観に共感しているということだった。結論が出るのは早いと思う。金額は優先事項ではない」と手応えを口にした。

 金子は4年契約最終年の今季、17試合4勝7敗、防御率3・87に終わり、今季年俸6億円から野球協約の減額制限(1億円超は40%)を超える5億円減の来季1億円を提示され退団した。通算120勝78敗。オリックスも残留を希望しており再契約を認める方針だが、北海道を新天地とすることになりそうだ。

関連ニュース