記事詳細

狙うは“2代目西岡” ロッテ・藤原「身長」「走力」「イケメン度」で根尾より上

 「目標は新人王。最大の持ち味は足。幕張のスピードスターと呼ばれるようになりたい」

 ロッテが4日に都内のロッテ本社で開いた新人9選手の入団記者会見で、ドラフト1位の藤原恭大外野手(18)=大阪桐蔭高=はきっぱり言い切った。

 ライバルには、大阪桐蔭の同級生で中日に1位指名され入団が決まっている根尾昂内野手の名前を挙げ、「注目度も打撃も上回られているが、負けたくない」と表情をこわばらせた。

 確かにマスコミへの露出度ではセ・リーグの中日にやや劣るが、藤原も181センチの身長(根尾は177センチ)、走力、イケメン度では根尾を上回っている。

 ロッテの「スピードスター」といえば、その後メジャー、阪神でも活躍した西岡剛内野手。若い女性を中心に絶対的な人気を誇った西岡の“2代目”襲名を狙う。

関連ニュース