記事詳細

東京五輪マラソン、絶えない“夜間開催論” 森会長「国際連盟の承認手続きを待つ」

 やはり難問中の難問には、この日も答えが出なかった。

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は5日、五輪の暑さ対策として、ラグビー7人制と自転車マウンテンバイクの競技時間を変更すると発表した。注目の男女マラソンはスタート時刻を1時間前倒しして午前6時とする方向で最終調整しているが、国際競技連盟と最終的な合意ができていないとして、決定を見送った。

 日本陸連関係者の間には「選手が起床してからスタートを迎えるまでは5時間がベスト。6時スタートなら起床は1時で満足な睡眠もとれないまま準備に入らなければならない。やはり夜間開催がベスト」との声が絶えない。

 組織委の森喜朗会長は同日の国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会との合同会議後に記者会見し、経緯を説明した。午前からと夕方からの2部制で実施するラグビー7人制は、現計画で午後1時半から2時としている午前の部の終了時刻を、正午に繰り上げる。開始は全ての日で午前9時に前倒しする。

 一方、自転車マウンテンバイクは開始を1時間遅らせて午後3時とする。終了は5時。いずれも消耗の激しい競技で、熱中症の危険性が高まり、暑さがピークとなる時間帯を避ける狙いがある。IOCの作業チームから医学的な観点から競技時間変更の必要性を指摘されていた。

 組織委はマラソンのほか、競歩でも男子50キロを30分早めて午前5時半、男女20キロは1時間繰り上げて6時スタートに変更する方針。

 森会長は「(マラソンなどは)国際連盟の(承認)手続きが完全に済んでいない。その手続きを待つというのが私たちの立場」と述べ、IOCのコーツ調整委員長は「可能なことは全部やって、リスクを抱えたまま競技を実施し観戦することがないように努めたい」と話した。

関連ニュース