記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】9時-3時でフルスイング 意識は「3時までまでしっかり振る」 (1/2ページ)

★エイミー・コガ(1)

 私は8歳からゴルフをやっていてゴルフ歴はかれこれ15年ほどになりますが、いつも心がけているのは安定したショットを打つことです。そこで今回は、スイングの安定感を手に入れるために私が普段やっているドリルを紹介したいと思います。

 やり方は簡単です。アイアンを手にし(私は8番アイアンでやっています)普通にアドレスします、バックスイングは9時(腕が地面と平行になる位置)で止め、フォロースルーでは3時(同じく腕が地面と平行になる位置)で止めるという意識でボールを打つ練習です。

 この説明をすると、ほとんどの人は「なんだ、ハーフショットの練習か」と思われるでしょうが、ハーフショットの練習ではありません。なぜなら、私の場合はこの動きをフルスピードで行うからです。

 たとえばバックスイングは、ハーフショットのときのようにフワッと上げるのではなく、トップまでビュンと振るつもりで上げて9時の位置で止めます。そして切り返しからフォロースルーまで、フルスイングと同じスピードで3時の位置までしっかりクラブを振ります。

 全力でクラブを振るとフォロースルーは3時でクラブを止めるつもりでも、勢いで手もクラブもフィニッシュまでいってしまいますが、意識としては「3時までしっかり振る」つもりでやっています。

関連ニュース