記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「聖」》クリスマスも練習場にいた大谷

 もうすぐクリスマス。つい先日、プロ野球の取材中にある選手から「クリスマスの予定は?」と聞かれ、もうそんな季節かと驚かされた。そう思えば、取材で訪れるホテルのロビーには巨大なツリーが飾られ、街中ではクリスマスソングは流れていた。

 その選手に逆にクリスマスの予定を聞くと「毎年、練習ですよ」とのこと。意外にも(?)、毎年12月25日に球団の練習場に行くと、多くの選手は練習している。今年、ベーブルース以来の「二刀流」をひっさげ、米大リーグ・エンゼルスで大活躍した大谷翔平投手(24)も、そんな1人だった。

 プロ1年目からクリスマスは決まって寮に隣接する千葉県鎌ケ谷市の2軍施設で自主トレ。夕方まで、黙々とマシン打撃をしていた。街中のお祭りムードには目もくれず、寮で出たクリスマスケーキを食べたことを自虐交じりに明かしてくれたこともあった。

 こんなエピソードもある。メジャーに移籍する前年の2016年のクリスマス。日本ハム時代の恩師である栗山監督に、球団スタッフからクリスマスプレゼントとしてとある動画が届いた。そこには、2軍施設の室内練習場で来季に向けて打撃フォーム改造に取り組む大谷の姿があった。「ああいう一番楽しめる日に、そういう姿が大谷翔平だなと思った」。世界最高峰の舞台での活躍を確信したという。

 話が戻るが、冒頭の選手の質問に「まだ未定」と答えた私。今年も、クリスマス返上で練習をする選手たちを取材することになりそうだ。(A)

【zak女の雄叫び】取材や日常…。女性記者21人が月ごとのキーワードで本音を綴るリレーコラムです。12月のお題は「聖」です。