記事詳細

森保監督の御前で…鎌田大地10得点目 A代表入りへ弾み

 アジア杯(来年1月=UAE)でのA代表デビューへ期待が高まってきた。サッカーのベルギー1部リーグで8日、シントトロイデンの鎌田大地(22)が日本代表の森保監督が視察したホームでのスタンダール戦にフル出場し、前半終了間際、先制の今季リーグ戦10得点目を挙げた。試合は1-1の引き分け。同僚の日本代表DF冨安健洋もフル出場し、同MF遠藤航は出場機会がなかった。

 「(初のA代表入りは)もちろん目標ですが、今はチームでいいプレーをしたい気持ちが強い」と鎌田。

 2015年にサガン鳥栖入団。16年5月のトゥーロン国際大会でU-23日本代表に招集されたが、同年のリオデジャネイロ五輪のメンバーからは漏れた。飛躍を期し17年6月にドイツ・ブンデスリーガのフランクフルトに完全移籍。今年8月からシントトロイデンにレンタル移籍している。