記事詳細

大谷VS雄星、2年越しの“なまり”対戦再現!?

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)が、西武からポスティングシステムで米球界移籍を目指す母校の岩手・花巻東高の先輩、菊池雄星投手(27)との対戦を心待ちにしている。

 18日に都内の日本橋三越本店で始まった「2018年報道写真展」にゲストとして来場した大谷は、「楽しみなのは僕たちよりも先生(花巻東高・佐々木洋監督)かな。近い年代に同じ環境で練習した2人が、メジャーで対戦するのはめったにない。まずは自分が打席に立てる状態に戻って、安定して試合に出られれば機会もある。見せたいという気持ちはあります」ときっぱり。

 菊池の移籍先には大谷のエンゼルスと同じア・リーグ西地区のマリナーズも有力候補に挙がっており、来季の打者としての対戦をすでに想定している。

 3学年先輩の菊池に対しては、日本ハム時代の昨年、打者として西武との開幕戦(札幌ドーム)で3打数2安打(三振、右二塁打、右前打)と結果を残した。翌日の試合前、「おめえ、オレのことイージーだと思ってらべ!」とジョーク交じりに詰め寄る先輩左腕に、「そったなことねえっすよ!」と珍しくご当地なまりで応じた。

 来季対戦が実現すれば2年越しとなる。「より数多くホームランを打ちたい。試合を決められるような、思い出に残る1本が打てれば」と大谷。米国で方言による会話も再現されるのか。(片岡将)

関連ニュース