記事詳細

夏の甲子園、休養日1増を検討

 日本国内でも年々、高校球児の過酷な環境を問題視する声は高まっている。日本高野連は来年の夏の甲子園大会で、休養日を現行の1日から2日に増やすことを検討している。球児の負担軽減などが目的だ。

 日本高野連の竹中雅彦事務局長は26日、「阪神電鉄や甲子園球場に要請している。熱中症対策をしてきたが、それを一歩進めた形」と明かした。来年1月に開かれる運営委員会で結論が出る可能性があるという。

 休養日は2013年の夏の甲子園大会から導入され、準々決勝翌日に設定されている。同じく負担軽減のため、今春の選抜大会からは延長13回から無死一、二塁の状態で攻撃を始めるタイブレークを採用した。

 それでも今夏準優勝した金足農の吉田輝星投手は、1回戦から決勝までの6試合で計881球を投じ、5日間で4試合目となった大阪桐蔭との決勝では疲労困憊で、投球過多が問題視された。