記事詳細

巨人・岡本和真の『今年の漢字』1文字 「ベン」ツじゃなくて「勉」

 巨人・岡本和真内野手(22)が27日に「ヤナセ・プロ野球MVP賞」を初受賞。今月納車が始まった新型メルセデス・ベンツ「A180スタイル」を贈られた。

 CMでもおなじみ、人工知能搭載の会話できる車。岡本はすでに他のベンツに乗っており、「自分の車でもいけるかと思って『ハーイ、メルセデス』と言ってみたが、全然ダメだった」と明かし会場の笑いを誘った。

 試乗の際、ズボンの股がビリッと破けるアクシデント。鍛え上げた強靱な足腰の証明だが、「ベンツのようにケガをしない丈夫な体で、来年戦い抜けるよう頑張ります」。さらなる肉体強化を誓ったのは、前日26日に「報知プロスポーツ大賞」授賞式を体調不良で欠席したからでもある。

 この日は報知関係者に平謝り。大ブレークの今季はチームで唯一全試合に出場し、オフも多忙を極めたが、これにて年中行事は終了だ。

 今年の漢字1文字を尋ねると、「ベン」との答え。ベンツをもらったから…ではなく、「1つ勝つことの難しさ、打てないときの苦しさ。初めて1軍でずっとやって“勉”強になったから」。その成果は来年のお楽しみだ。(笹森倫)

関連ニュース